回転寿司とは?│東京 寿司.com

東京湾でとれる魚介や海苔をつかったお寿司を江戸前寿司と言います。 寿司 東京.com
サイトお品書き

江戸前寿司
お寿司の歴史
お寿司が人気な理由
お寿司が苦手な理由
お寿司を食べる時のマナー
スシネタ紹介その1
スシネタ紹介その2
回転寿司とは?
なぜ日本人は
生で魚を食べるのか

東京 寿司口コミ情報

回転寿司とは?

 

お寿司を載せた小皿をコンベアで循環させて、客が席に座ったままで好きなお寿司を取ることができるようにした、半セルフサービス型の寿司店の形態です。
高級であったお寿司を大衆に安価で食べてもらいたいという思いから、発明されたそうです。
大阪の立ち喰い寿司店の経営者が、ビール製造のベルトコンベアをヒントにして「コンベア旋廻食事台」を考案し、1958年に最初の回転寿司店を開きました。
その後、1970年の万博に出店したことで知名度が高まり、全国に広まったそうです。
お皿の色で寿司の値段を判別するようにしていたり、お寿司以外のデザートや飲み物なども回っていたり、タッチパネルで簡単に注文できるようにしたり、注文品を別のレールで素早く運ぶようにしたりなど、お店によってさまざまな工夫がされています。
現在では、回転寿司店の競争が激しくなり、各回転寿司店がさまざまな特色作りに励んでいます。
回転寿司では、たくさんのメニューが考案されており、変わりネタのお寿司などもよく見かけます。
いろいろなお店に行き、比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

回転寿司では、自分が食べるもの以外の回っているお皿やお寿司、レーンなどを触らない、一度手に取ったお皿をレーンに返さない、ほかの人の注文品は取らないなどの、回転寿司ならではのルールがあります。
初めて訪れる際には、お店に書かれてある注意書きを読んだり、わからないことは店員に聞いたりしてから、回転寿司を楽しむようにしましょう。


 

ページTOP

Copyright (C) Tokyo Sushi.com. All Rights Reserved.