お寿司の歴史│東京 寿司.com

東京湾でとれる魚介や海苔をつかったお寿司を江戸前寿司と言います。 寿司 東京.com
サイトお品書き

江戸前寿司
お寿司の歴史
お寿司が人気な理由
お寿司が苦手な理由
お寿司を食べる時のマナー
スシネタ紹介その1
スシネタ紹介その2
回転寿司とは?
なぜ日本人は
生で魚を食べるのか

東京 寿司口コミ情報

お寿司の歴史

 

お寿司は鮨、鮓、寿司などいろいろな書き方であらわされていますが、酸っぱいことから「酸し」と呼ばれたという説があります。
寿を司るという意味で縁起が良いと、「寿司」の字を使うことが多いようです。
酢飯と魚介類などを組み合わせた日本料理です。
生鮮魚介を用いた「早鮨」と魚介類に米を加えて乳酸発酵させた「なれ鮨」に大別されます。
握り寿司、押し寿司、ちらし寿司、巻き寿司、稲荷寿司などたくさんの種類のお寿司があります。
お寿司の人気は海外にもわたり、“sushi”で通じるほど世界中に認知されている食べ物です。

お寿司の起源は、紀元前4世紀ごろまでさかのぼります。
東南アジアで、魚肉を保存するために、米の中に塩をまぶした魚を漬けて発酵させたものが、お寿司の始まりだそうです。
その頃は、魚だけ食べて、米は捨てられていました。
日本には、平安時代に伝わり、徐々に魚だけではなくご飯も一緒に食べられるようになったようです。
江戸時代には、屋台で酢飯と生鮮魚介を使った握り寿司が登場し、美味しさと簡便さが江戸中で評判になりました。
その後、関東大震災がおき、被災した寿司職人たちが故郷に帰るなどして、握り寿司が日本中に広まっていったようです。


 

ページTOP

Copyright (C) Tokyo Sushi.com. All Rights Reserved.