東京 美味しい 寿司屋

東京湾でとれる魚介や海苔をつかったものを江戸前 東京 美味しい 寿司屋 東京 美味しい 寿司屋.com 魅力をご紹介します。
サイトお品書き 東京 美味しい 寿司屋

江戸前
歴史
人気な理由
苦手な理由
食べる時のマナー
スシネタ紹介その1
スシネタ紹介その2
回転寿司とは?
なぜ日本人は
生で魚を食べるのか

東京 口コミ情報

東京 美味しい 寿司屋

 

東京湾でとれる魚介や海苔をつかったおすしを、江戸前寿司と言います。
江戸時代、江戸前の海は遠浅の干潟のあるよい漁場だったので、新鮮な魚介類を新鮮なうちに提供でき、江戸の屋台で人気の食べ物になりました。
食酢の生産も江戸時代にはじまったので、その酢や関西から送られてきた粕酢を使用したものが主流になり、江戸からブームがおこった文化は日本全国に広まっていったそうです。
すし言葉と呼ばれる、江戸前すし屋の独特の言葉や言い回しがあり、本来は職人などの店側の人が使う言葉ですが、その面白さなどから一般人にも広まっているものもあります。東京 美味しい 寿司屋

日本人の中でも、結構お寿司が嫌いな方もたくさんいらっしゃるようです。
カリフォルニアロールのように、海外の食文化にあったネタも登場していますし、日本でもコーンやとんかつ、海老フライやハンバーグ、お肉、漬物、スパムなどなど、魚ではないネタもたくさん生みだされています。
じつにたくさんの種類がありますので、食わず嫌いの方はもったいない。ぜひ一度試しに食べてみていただきたいです。東京 美味しい 寿司屋


 

東京 美味しい 寿司屋 ページTOP

Copyright (C) Tokyo Sushi.com. All Rights Reserved.